外科矯正治療の注意点

顎の骨をカットすると、顔表面に傷が残るのでしょうか。

お悩みの方も多いようですが、こういったケースの場合、口の中のみで行う手術がほとんどです。
表面に目立つ傷が残ることはほとんどありません。
基本的にリスクが少ない手術といえるでしょう。

しかし、手術にもリスクはあります。

入院に必要な時間と費用などの負担が大きいのですが、手術を選択するかどうかはじっくり検討し、決定して下さい。
希望や問題、機能・外観をきれいに整理し、手術を選択した場合のメリットとデメリット、具体的な手術方法やリスクなどについては、口腔・形成外科・矯正歯科医から十分な説明を聞いて下さい。
そして慎重に判断し、納得してから決定する必要があると思います。

顎変形症の外科矯正治療の場合、手術にかかる費用はもちろんですが、手術前・手術後の矯正治療の費用についても健康保険が適用されます。
しかし「顎口腔機能診断施設」の認定を受けた医療機関に限定されているため、医療機関を選択する際には各病院で確認が必要です。