歯性病巣感染

歯には、神経もリンパ管も血管も通っています。
それらは体全体と関連付けられています。

従って歯の疾患がある場合、全身症状に影響が及ぶのは当然です。
歯だけ考えることがあってはいけません。

例えば歯にかぶせていた金属が溶け出し、金属イオンが体内に入ると、全く異種の蛋白質を作り、手のひらや足の裏、他の部門に影響を与えるようになってしまいます。

虫歯や歯周病は感染症となっていて、発症した結果、全身に影響を与えるかもしれません。
例えばもし歯周病が発症し炎症が発生した場合、手足や体の他、膿を排出している状態となってしまいます。
歯周ポケットに存在する細菌は、歯の周りだけでなく、血流によって全身に流れていきます。
これは歯の異常による感染症ともいえるでしょう。

身体の一部に限定されている慢性的な炎症があり、それ自体はほとんど症状がないか軽微であっても、そのために遠方の臓器に障害が起こり、二次疾患を起こすことがあるため、歯性病巣感染と呼ばれているのです。