補綴の前準備にも矯正治療は有効

入れ歯や義歯などの人工の歯で、欠損歯やかけてしまった歯を補うことを「補綴」と呼んでいますが、補綴をよくするためにも、矯正治療を利用します。

たとえば、ブリッジなど、歯が抜けている場合は両側の歯を利用して不足している歯をまたいだ橋のような人工歯を付けることができます。
土台となる両側の歯が倒れていたりすると、構造的にしっかりとした安定感がありません。
そこに矯正歯科治療をして、歯をまっすぐに起こしてあげると、力がかかっても耐えられるものにすることができます。

また事故などで前歯を折ってしまい、本来は入れ歯が無理な場合、歯肉の中に根が残っていれば、矯正の力を栄養して引っ張り出し、それを土台にして入れ歯をすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です