顎関節症と矯正歯科治療

顎関節症でも、矯正治療は可能ですが、痛みなどの急性症状を改善した後、矯正治療を実施します。

顎関節症とは一言で説明すると、顎関節の異常によって、「口が開かない」、「あごが痛む」、「あごが鳴る」が三大症状と呼ばれます。
顎関節付近の痛みや食べ物を噛む時の痛みなどの他、口も開けない (開口障害)、食べ物をかむときや、会話時に大きい口をあけるとき、顎が鳴るような症状があります。

痛み、口が大きく開かない場合は、矯正治療により顎関節症治療、一般歯科、矯正歯科、口腔外科などで、これらの症状をコントロールします。
症状によっては大学病院で顎関節規格エックス線写真、MRI (磁気共鳴装置) または顎運動測定装置、筋電図などの精密検査を行う必要があります。
急性症状を解消する治療をなるべく早期に行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です