歯冠について

歯冠は昔から、金属冠がおなじみで金や白金などのほか、金銀パラジウムやニッケルクロムなどの合金も使われます。
この場合は金属冠とちがって、自分の歯との区別がつかないように作ることも可能です。

レジン歯は、時に数年で変色したり、減って盛り乗せが必要になったりもしますが、ポーセレン冠なら、この心配はないはずです。
冠全体を陶材でつくる陶材冠は昔からあります。
しかし、割れやすいし、精度が悪く、 広く使われてはいないのです。
ポーセレン冠は、審美的に好まれて普及しました。
ですが見ばえがよいだけで、健康面からは、金属冠に優るところはないとの見方もあります。

どれも一長一短なので、自分の状況に応じて選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です