コラーゲンで治療する

コラーゲンはみなさん、よく耳にする物質の名前ではないでしょうか。そうです。化粧品などに使用されている、あのコラーゲンです。コラーゲンが歯の治療に有効だなんて、意外な気もします。ですが現実に、コラーゲンを治療に用いている歯科医はいるのです。

コラーゲンというのはたんぱく質です。それも、筋肉などを構成する栄養素です。人間の体重の約20%はたんぱく質であるといいますが、その内の30%はコラーゲンです。

コラーゲンは、細胞と細胞をドッキングさせる役割を担っています。コラーゲンがなければ、全ての生物は体細胞生物のままで、高等生物は誕生しなかったかもしれません。

私たちの身体の中で、コラーゲンが一番多く含まれる部位は皮膚になります。皮膚の約70%はコラーゲンでできています。そして私たちの骨にも、コラーゲンが含まれています。骨に含まれるコラーゲンは約30%です。骨と聞けばカルシウムを思い浮かべますが、骨の根幹はたんぱく質であり、そのたんぱく質の殆どがコラーゲンです。骨の再生をするには、コラーゲンが不可欠です。

炎症がおきている部位では、コラーゲンを溶解させる酵素が存在しています。つまり、炎症というのはコラーゲンを溶解させながら悪化していくのです。コラーゲンが減少すると、歯周ポケットが広がって、歯周病になりやすくなります。逆にいえば、炎症のおきている歯ぐきのコラーゲンを増やしてやれば、その炎症を静めることができます。

ミョウバンという食品添加物がありますが、これはそれ自体に殺菌作用のあるものです。これを歯ぐきに塗布してやると、ミョウバンのエキスがその部位のたんぱく質に影響を与え、炎症がひいていきます。また、ミョウバンには骨を再生させる効果もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です